月別アーカイブ: 2015年1月

地域でのヘルスケア産業創出に向けたイベントの開催(2/25)【終了しました】

経済産業省北海道経済産業局では、現下の人口減少と高齢化進展という地域の課題に対応し、健康寿命の延伸に寄与するため、農・食や観光等の地域資源を活用した医・農商工連携等、新たなヘルスケア産業の創出に取り組んでいます。
今般、森林浴によるストレスケアツーリズムを積極的に推進する旭川市と連携し、地域におけるヘルスケア産業創出に繋げるため、同市において、2つのイベントを同時開催します。

《開催概要》
日時:平成27年2月25日(水)10:30~17:00
場所:旭川市大雪クリスタルホール(旭川市神楽3条7丁目)
主催:経済産業省、北海道経済産業局
後援:旭川市

《イベント内容》
1.地域におけるヘルスケア産業創出セミナー
~ストレスケア×ツーリズムによる北海道型ヘルスケアサービス創造に向けて~
2.人材確保・定着セミナー「彩活フェアAsahikawa」
~ヘルスケア産業でみつける多様な働き方・生き方~

詳細は北海道経済産業局の下記ページをご覧ください。
(プログラム内容・参加申込方法)
地域でのヘルスケア産業創出に向けた2つのイベントを旭川市で開催します!

平成27年度「医工連携事業化推進事業」の公募が始まりました

本日、経済産業省が実施する平成27年度「医工連携事業化推進事業」の公募が開始されました。
この事業は、高度なものづくりの技術を有する中小企業等と医療機関等とが連携した医工連携により、医療現場の課題を解決する医療機器や医療安全の向上に資する周辺機器等を開発・改良し事業化する取り組みを支援するものです。

札幌でも2月3日に公募説明会が開催されます。
詳細は北海道経済産業局の下記ページをご覧ください。

平成27年度「医工連携事業化推進事業」実証事業公募及び公募説明会の開催について

【情報提供】経済産業省の平成27年度当初予算案が公表されました

【経済産業省からの情報提供】

1月14日に平成27年度の国の当初予算案が閣議決定され、経済産業省予算の概要が公表されました。
ヘルスケアサービス関連としては、「健康寿命延伸産業創出推進事業」、「商業・サービス競争力強化連携支援事業」、「ロボット介護機器開発・導入促進事業」、「医工連携事業化推進事業」、「医療技術・サービス拠点化促進事業」があります。

詳細は下記ページをご覧ください。(予算案概要などのPDFファイルがダウンロードできます)
http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2015/index.html

【情報提供】産業競争力強化法の「グレーゾーン解消制度」の活用事例

【経済産業省からの情報提供】

経済産業省では、産業競争力強化法にもとづき、企業の個々の事業内容に即して規制改革を進めていくことを狙いとした「グレーゾーン解消制度」(法令上のグレーゾーン事項について事業者から確認・所管官庁が回答)を推進しています。
ヘルスケア分野について下記2件のグレーゾーン解消制度の活用がありましたので、お知らせします。

◆配食サービスと連携するための食事箋発行について公的保険外で対価を徴収できるケースが明確化
http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150113002/20150113002.html

◆歯科医師がう蝕・歯周病に罹患していないと判断した者に対する予防メインテナンスが療養の給付に含まれないことが明確化
http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150113005/20150113005.html

【情報提供】経済産業省の平成26年度補正予算案が公表されました

【経済産業省からの情報提供】

年明けの1月9日に国の経済対策が閣議決定され、平成26年度の経済産業省関連補正予算案が公表されました。
ヘルスケアサービス関連としては、「ものづくり・商業・サービス革新事業」(1,020.4億円)の中で、革新的なサービス創出を行う中小企業・中小企業による共同体を対象とした1,000万円上限(補助率2/3)の補助事業が計上されております。

詳細は下記ページをご覧ください。(予算案概要などのPDFファイルがダウンロードできます)
http://www.meti.go.jp/main/yosan2014/hosei/index.html