月別アーカイブ: 2015年8月

北海道医療・健康展示会の開催

【経済産業省北海道経済産業局からの情報提供】
~北海道医療・健康展示会の開催について~

経済産業省北海道経済産業局では、医療・介護機関等ヘルスケア分野と道内バイオ・IT・ものづくり企業との連携を促進するため、9月12日~13日に「北海道医療・健康展示会」を開催します。
本展示会は、北海道産素材を主成分とした機能性食品・化粧品や、医療・介護機関等の業務支援システム、リハビリ・運動支援に資する機器など50社・機関が出展します。
医療・介護機関、福祉施設など、ヘルスケア関連産業に従事される皆様のご来場をお待ちしております。
なお、本展示会は「第57回全日本病院学会 in 北海道((公社)全日本病院協会主催)」の開催にあわせて行うものです。

開催内容の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hkd.meti.go.jp/hokio/20150817/index.htm

「きた食dayコンテスト2015」を開催します

kitashoku_2015

 

開催案内

北海道の豊富な食材を使った医療・高齢者施設の給食献立を対象とする「きた食dayコンテスト」。
昨年の第1回開催時には、道内各地から多数のご応募があり、どれも甲乙つけがたい愛情溢れる素晴らしい献立ばかりでした。
北海道の管理栄養士・栄養士・調理従事者の皆さまの熱い思いや頑張り、そして地産地消の取り組みなど質の高い給食を全国に伝えることができました。

このコンテストは、①北海道産食材を医療・高齢者施設の利用者さまにたくさん召し上がっていただくことで、“地の物を食する幸せとおいしさ”から、“元気と生きる喜び”を感じていただくこと、②献立の考案・作成・調理を通じて、スタッフのチームワークが一層向上し、よりよい給食サービスにつなげていただくこと、③命の源である「食」。その一番の担い手である管理栄養士・栄養士・調理従事者の皆さまにスポットライトをあてることが大きなコンセプトになっております。

北海道産食材と医療・高齢者施設給食の架け橋となり、管理栄養士・栄養士・調理従事者のさらなる地位向上を目指して、今年も「きた食dayコンテスト」を開催いたします。

多数のご応募、心よりお待ちしております。

応募概要

応募資格

医療・高齢者施設に勤務する管理栄養士・栄養士、調理従事者によるチーム
※直営・委託は問いません。

応募部門とテーマ

・2部門(医療施設部門、高齢者施設部門)
・患者・入所者向けの昼食(常食)
*北海道産のジャガイモを使用した料理を献立に1品取り入れてください。
*お米は、北海道産米を使用してください。

応募締切

平成27年10月5日(月)必着

賞および副賞

部門(医療施設部門、高齢者施設部門)毎に以下のとおり表彰します。
◎グランプリ 表彰状、副賞(商品券 30,000円分、賞品)
◎準グランプリ 表彰状、副賞(商品券 20,000円分、賞品)
◎特別賞 表彰状、副賞(商品券 10,000円分、賞品)

応募書類

ダウンロードはこちらから。

名称 ダウンロードファイル名
きた食dayコンテスト1(応募要項) kitashoku_2015_1.pdf(949kb)
きた食dayコンテスト2(応募用紙・献立表PDF版) kitashoku_2015_2.pdf(157kb)
きた食dayコンテスト3(応募用紙word版) kitasyoku_2015_3.doc(48kb)
きた食dayコンテスト4(献立表word版) kitasyoku_2015_4.doc(51kb)

 

北海道ヘルスケア産業振興協議会全体会合を開催しました

8月7日(金)に札幌アスペンホテルにおいて、第1回北海道ヘルスケア産業振興協議会全体会合を開催し、当会員を中心に100名以上の皆様にご参加いただきました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
当日は、徳田会長のご挨拶のあと、当協議会の今年度の事業計画、経済産業省や北海道、札幌市におけるヘルスケア関連施策、今年度の健康寿命延伸産業創出推進事業(経済産業省)における実証事業について情報提供を行うとともに、後半では、北海道におけるヘルスケア産業の創出に向けたワークショップを実施いたしました。
ワークショップでは、事前のアンケート結果をもとに、12グループに分かれ、「アクティブシニア」「地域課題解決・地方創生」「食」「医療・介護機関との連携」の4つのテーマについて活発な意見交換が行われました。
ワークショップでの意見はこちらから
ワークショップの終盤には、テーマ毎に、意見交換の結果についてご報告いただきました。
開催前までは「皆様から意見が出るだろうか」ととても心配でしたが、蓋を開けてみると、「意見交換の時間が短かったのでは?」と反省するほど、活発に意見交換いただきました。
今回のワークショップの結果を踏まえ、今後、この4つのテーマ毎にワーキンググループを設置し、今後のビジネス創出や事業拡大に向けて、一歩進んだ展開を目指して参ります。
今後とも、よろしくお願いいたします。

IMG_0449  IMG_0475

【全体会合での配布資料】
こちらからダウンロードしてください
資料1 経済産業省のヘルスケア産業関連施策
資料2 協議会の事業計画
資料3 健康寿命延伸産業創出推進事業の概要
資料4 北海道のヘルスケア産業関連施策
資料5 札幌市のヘルスケア産業関連施策

 

【情報提供】ヘルスケア起業人材育成プロジェクト(OISH 2015)の実施

【経済産業省からの情報提供】
~ヘルスケア起業人材育成プロジェクト(OISH 2015)の実施について~

株式会社日本総合研究所及び株式会社リクルートマネジメントソリューションズは、経済産業省平成27年度健康寿命延伸産業創出推進事業に連動し、地域でのヘルスケアビジネスの創出に向けた「ヘルスケア起業人材育成プロジェクト」を実施いたします。
本プロジェクトは、ヘルスケア分野で新規事業開発や起業を検討している企業・団体の皆様を対象としたヘルスケア分野での新規事業創出を目的とした研修プログラムです。
東京での開催となりますが、ご関心の向きはぜひご参加ください。

プログラムの詳細、申込方法はこちらをご覧ください。
https://www.jri.co.jp/page.jsp?id=27070

【情報提供】地域ヘルスケアビジネス創出支援人材育成プログラムの実施(支援人材向け)

【経済産業省からの情報提供】
~地域ヘルスケアビジネス創出支援人材育成プログラムの実施について(支援人材向け)~

株式会社日本総合研究所では、事業構想大学院大学と連携し、平成27年度健康寿命延伸産業創出推進事業「地域ヘルスケアビジネス創出支援人材育成プログラム」を実施いたします。
この事業は、地域に密着して次世代ヘルスケアビジネスの創出を支援できる人材を育成することを目的とした全7回の研修プログラムで、金融機関関係者や中小企業診断士など、今後、地域におけるヘルスケアビジネス創出に向けた事業化支援・経営支援活動を希望・検討している方を対象としております。
東京での開催となりますが、今後、ヘルスケアビジネス創出支援に携わっていくご意向をお持ちの方はぜひご参加ください。

プログラムの詳細、申込方法はこちらをご覧ください。
https://www.jri.co.jp/page.jsp?id=27099

【情報提供】経済産業省が地域での先進的な取組を支援します

【経済産業省からの情報提供】

経済産業省は、今年度の成長戦略策定を踏まえ、地域でのヘルスケアビジネスの創出を加速化するべく、
(1) 地域ニーズに密着したヘルスケアビジネスの芽作り(経産省がビジネス実証を支援)
(2) ヘルスケア・アクセラレーター・ビレッジを創設し、ビジネスアイディアの事業化を支援する人材「ヘルスケア・アクセラレーター」を育成、集積、派遣(経産省と(株)地域経済活性化支援機構(以下REVIC)が連携実施)
(3) 人材育成プログラムを提供し、地域で活躍するアクセラレーターを新しく育成(経産省と事業構想大学院が連携実施)

を行います。これら3つの事業を一体的に進めることにより、地域での先進的な取組を支援し、リスクマネーと一体的にビジネスサポートを行う機能を地域横断で整備します。

詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150727004/20150727004.html